“Shared worlds” and “Small worlds”

Every project that Mistletoe is operating or supporting has a solid vision. The “shared world” and “small worlds” concepts are helpful for understanding how things are carried out when these projects are brought together in one place.

The “shared world” concept refers to a creative writing method where multiple authors develop stories that can stand on their own but share the same basic settings and a common worldview. Also known as the “shared universe” approach, it has recently been attracting interest as a way of creating things together with many individuals. A representative example of a shared universe is the Cthulhu Mythos, which is made up of various stories written by modern authors based on a fictional universe imagined by early 20th-century American author H. P. Lovecraft. Another example is Disney’s Marvel Cinematic Universe, which revolves around superheroes born from the comic books of American publisher Marvel Comics. The films all build on Marvel’s storyworld but are made by different directors. The important thing about this approach is that no one person creates or concludes all the stories; instead, everybody shares the same worldview with equal footing. Unlike derivative works in which an author might borrow a character but adopt an entirely different worldview, the shared world approach is characterized by the fact that everyone respects and updates the worldview of the original work.

This approach resonates with the way projects are operated together at Mistletoe. Every project stands on its own, but everyone also has a shared understanding of the worldviews of other projects. And because projects have their own robust worldviews, they are able to maintain their autonomy without running the risk of falling into the situation where one person takes control of everything.

The “small worlds” concept takes its significance from the fact that the word “worlds” is plural. It points to the importance of recognizing that there exist many small worlds, not just one big one. The word “small” has two meanings here. First, it refers to the size of the world that each project individually creates. There are various factors that can limit the extent to which a project can affect the world. Second, it refers to the size of the worlds that people perceive. As German biologist and philosopher Uexküll explained with his concept of “umwelt”, every person sees a different world. If you factor in all the different viewpoints, this also means that each individual occupies not one but many small worlds at the same time.

You can get a true sense of these two ways of thinking if you come to Mistletoe of Tokyo (MoT). Here you will see people updating each other’s ideas while running their own projects or find the same person working on multiple projects. And this is what MoT was made for; it’s a place where you can gain an understanding of the worldviews of projects while getting a firsthand feel of Mistletoe’s values. But MoT’s purpose has never stopped growing. There’s no doubt that it will continue to develop as a place for supporting creative initiatives not only in Japan but all around the world.

Contributors: Kenichi Shinjo, Akiko Kikuchihara, Kaori Ochi
Text: Hinako Izuhara

“シェアワールド”と“スモールワールド”

Mistletoeの運営・支援するプロジェクトは、どれも確固たるヴィジョンを持っている。それらが集まって何かをするとき、参考になる考え方が「Shared World」と「Small Worlds」だ。

「Shared World」とは、基本的な設定、一つの世界観を共有しながら不特定多数の人が物語を紡いでいく創作手法のこと。Shared Universeとも呼ばれていて、複数の人が一緒にものをつくっていく際の方法として近年注目を浴びている。20世紀初頭アメリカの作家、H.P.ラヴクラフトがつくった物語群に基づく新たなストーリーを現代の作家たちが新たに創作したクトゥルフ神話体系がその代表的なものとされている。アメリカの出版社マーベル・コミックから生まれたヒーローたちが活躍するディズニーの「マーベル・シネマティック・ユニバース」もそのひとつだ。映画では、マーベルのつくり上げた物語を芯に、いろんな監督が作品を制作している。ここで重要なのは、一人がすべてのストーリーをつくり完結させるのではなく、「すべての人がフラットに世界観を共有する」という部分だ。キャラクターを引用してつくり手が新たな世界観を築き上げるようなタイプの2次創作とは違い、Shared worldでは元の作品の世界観自体を共有し、さらにそれをアップデートしているところに特徴がある。

この手法は、Mistletoeのプロジェクトがともに働いていくときの方法によくあてはまる。互いの世界観を理解したうえで、それぞれのプロジェクトは自律しているからだ。そして、元の世界感がしっかりしているからこそ、誰かが全体をコントロールするのではなく、自律的な活動が可能になる。

「Small Worlds」は、Worldが複数形になっているところに意味がある。それは、大きな世界がひとつあるのではなく、小さな世界がたくさんあるのだという認識をもつことの重要さを示している。また、Smallには2つの意味がある。ひとつは、それぞれのプロジェクトが生み出す世界の大きさ。各プロジェクトが変えられる世界の大きさはさまざまな要因で限られている。もうひとつは、世界を認知するときの大きさだ。ドイツの生物学者・哲学者のユクスキュルが考えた「環世界」のように、人が認識している世界はそれぞれで違っている。そして、一人が所属する世界もひとつではなく、視点を考えれば同時にいくつかの小さな世界に所属していることになる。

この2つの世界の捉え方は、Mistletoe of Tokyo(MoT)に来ると、より実感することができる。それぞれのプロジェクトは自律的に動きながらも、お互いのアイデアをそれぞれがアップデートするような動きを見せているし、一人の人間が複数のプロジェクトに関わっていることもある。プロジェクトのもつ世界観を理解しつつ、Mistletoeの理念を感じられる場所、それがMoTなのだ。そしてその目的はひとところに留まることなく、大きくなり続けている。日本に限らず世界中のクリエイティブを後押しする場として、これからも発展し続けていくだろう。

話し手:新城健一、菊地原晶子、越智かをり
テキスト:出原日向子